トシコロさんの日記

2021年 02月26日 16:50

命の連想から・フェイスブック投稿

(Web全体に公開)

そう言えば、末期が近付くにつれてソ連では恋愛する男女が減り、結婚も減り、役人たちは困ったと朝日新聞に80年代に載っていた。ソ連も命を尊重する気風はなかったが、あるいはそのせいもあったかもしれないと思う。
  労働者や病人の命は勿論、自然の動植物の命までマルクスは大切にする考え方だった。でも、引き継いだはずのソ連では、血の粛清が行われ、その後は自然破壊。中国、カンボジアと同じだった。理由は僕にも判らない。判る人はいないだろう。しかし、どんな社会体制であれ、粛清と汚染はあってはならないと。
 資本論を読むと聖書の引用や「天国に行った」という言葉が目に付く。変に思い、疑問を書いてみた所、ある人から「マルクスはクリスチャンだった」との返事。どこかで曲げられたからだ。
 M・ウェーバーの「プロティスタンティズムと資本主義」の中で、カルヴァン系統の改革派という一派は、「救われる人と救われない人に大別されている」と説かれ、更にその証拠として金があると信じられ、救われて天国に行くようになるため、近代期の資本家たちは強迫神経症的に金儲けをした。マルクスの「心のアヘン」はこの辺を指すと思われます。確かに、カルヴァンの考え方はおかしいわけです。でも、欧米は無神論化しているから、これからはどうなるか、判りません。それから、カルヴァンの伝統がない日本、韓国、中国・台湾などの資本主義はウェーバーの見方が当てはまるのか。当てはまらない気がします。
 コロナも絡み、世界的な変革期に差し掛かっているのは事実。様子を見守りつつ、前向きに生きていきたいものです。

コメント

Yoshi

2021年 03月02日 11:35

この変革期には 世の中がどう変わっていくのか
他人事ではないのだけど 楽しみです^^

SNS オールギャザーへようこそ!

パスワードを忘れた方はこちら


新規登録はコチラから

他のアカウントを使って新規登録・ログインする場合はコチラから

オールギャザーとは?

世界初!社会貢献型SNSです

AG募金に、ご参加を!

ヾ(´▽`)ノ

募金カウンターの仕組みは?

サイトを利用すると、募金カウンターがカウントし、自動的に募金活動ができます。

例えば

ログインをするだけでカウント

日記やコメントやコミュニティを書く、見るだけでもカウント

友達のプロフに訪問してもカウント

利用するほど、募金活動ができます。

すべて無料です!

会員の皆様には金銭的負担は一切ありません。

すべて無料で、ご利用できます。

どうぞ安心してご利用ください。

登録は簡単!

→ 新規登録 ←

ーーーーーーーー
お笑い月間!
ちょっと、クリックして
みてください^^
  ↓
→あなたの運気を上げます!

→みんなの声
ーーーーーーーー

お知らせです